UA-199891397-1

第46話 身体が肉を求めてる

2022年6月18日

黒板に、1年9組ソフトボール男子チーム、最後のメンバーとして「前田優磨」と名前が記された。

お陰で、僕は第1希望のドッチボールメンバーになることができた。

前田がやります、と手を挙げた瞬間、教室のどこかで「きゃあ」と女子の小さい叫びが聞こえた。前田が振った3人、もしかしてこのクラスの中に誰かいる?

無事にソフトボールは片付いて良かったー!と、壇上の2人がテンション高く次のサッカーメンバー決めに移ろうとしている中、僕は「ありがとう、前田」と小さい声でお礼を言った。前田は少しだけ後ろを向いて、小さく「いや」と言った。

金曜日の授業が全て終わった。

     

「じゃあ、今年のエントリーは真野を除いた4名ということで」

石川先生が久しぶりにミーティングに参加している。髪を切ったようで、もともと若く見えるけどさらに若返った。大学生みたいだ。

「真野くん、本当にいいの?エントリーだけでも」

「いえ、大丈夫です」

それよりも、川崎先輩がエントリーしてくれて良かった。

今日も川崎先輩はお休みだ。みとちゃん先輩によれば、休むのは今週いっぱいで、来週からは登校するつもりらしい。

「それより来週末って……大丈夫なんですか?フラワーアートフェスティバルはみとちゃん先輩がメインでやるとして、もう一つ……」

話を逸らそうと思い切って聞いてみたけど、声が思いっきり尻すぼんだ。

川崎先輩のことももちろん心配だけど、気がかりなことはまだまだある。

「そうだね、野球部の練習試合は川崎でいく予定だったけど……」

「病み上がりで屋外試合に付き合うのは厳しいな。放送室も直射日光がすごいしな~」

石川先生が腕を組んでう~んと唸る。一瞬チラッと、僕の方を見た気がした。

「じゃ、わたし行きます」

さきぽん先輩が手を挙げる。

「だからフラワーの方のサブを真野くんにお願いして、野球はわたし行きます」

「さき、ありがとう」

「川崎には大会の方に集中して欲しい気持ちもあるし。かな、もね」

「……ありがとう」

「真野くん、勝手に決めちゃったけど大丈夫?」

「あ、いえ、はい!ありがとうございます」

「じゃ石川先生。打ち上げは高級しゃぶしゃぶでお願いします」

「え!!!永楽亭!?また行くの!?」

「わたしあの店で食べ損ねた肉がまだまだあるんです。このまま引退できません」

「えええ~、だって3月に行ったばっかりだし、この前バーベキューやったし、」

「さきぽん先輩、引退とか言わないでください~まだ早いです~!」

「ごめん、みと~。わたしだってまだそんなつもりないよ~」

「えーっと!ひとまず4名エントリーで申し込んでおくので!みんなアナウンス部門でいいんだね!この土日で原稿完成させてきて!今日は以上!お終いお疲れ!」

石川先生は逃げるように放送室から出て行った。

        

「真野くん、わたし余計なことしてない?」

今日は金曜日なので、放送室と部室両方の掃除をして終わりだ。

今日の帰りの放送当番は吉森先輩とみとちゃん先輩なので、2人はそのまま放送室に残り、僕とさきぽん先輩は部室の方をやることになった。

「えっ……なんでしょうか」

「さっきの。本当は野球部の練習試合の方行きたいとか、ない?」

「いえ!あ……こんな元気よく返事することじゃないですよね」

「あはは、真野くん素直だねえ。かなからさ、本当に軽~くだけど、真野くんが野球部の試合乗り気じゃないって聞いて」

「吉森先輩から……」

「あ!でも本当にそれだけしか聞いていない!詳しい事情とかは知らないんだけど。わたしさ、中学の時バドミントン部で」

「そうなんですね。確かにさきぽん先輩、運動部のオーラありますよね。お肉好きなのも、それですか?」

「あはは、なにそれ。まあでもそうなのかな?」

「バドミントン部……うちの高校はないですよね」

「そうそう。結構真剣にやってて、なかなかの強豪校でさ。でも中3の時に右足変な風に捻挫して。それで辞めた」

「……そうだったんですね」

「かなとは中学から一緒でね、かなは合唱部だった。それで一緒にこの高校合格して、まさかの放送部に誘われてさ。こんな低い声で務まるかー!って拒否したんだけど、かなが、その声がずっと羨ましかったって」

「……惚気ですか」

「惚気だね。ごめん。それで無理やり放送部入って。正直、バドミントンどころか、運動部で頑張ってる子たちを見るだけでも辛かったんだけど、試合のアナウンスとかで関わるようになってさ。体育祭の司会とか。こういう形もあるんだって思って」

「こういう形?」

「自分の好きなものとの関わり方というか、繋がり方」