UA-199891397-1
Thumbnail of post image 135

『カラスは春告げる』

「えっ」 楓(かえで)くんが小さく反応する。 「演劇とかよくわからないんですけど……素人目 ...

Thumbnail of post image 147

『カラスは春告げる』

ザワッ……「ああ、『三人姉妹』ね」彼のその一声で、部室内がまた一段と困惑の色を強くして、騒 ...

Thumbnail of post image 121

『カラスは春告げる』

「松原くん、ありがとう」 木村部長だ。隣には、今日も木村部長お付きの黒子のように、小さい麻 ...

Thumbnail of post image 026

『カラスは春告げる』

その白い腕は、つめた~いスポーツ飲料のボタンを押した。 ガコンッ 自販機の取り出し口からペ ...

Thumbnail of post image 049

『カラスは春告げる』

昼休み。今日は、購買で初めての昼ご飯購入を前田と試みていた。 「うわー、すごい人だな」 「 ...

Thumbnail of post image 067

『カラスは春告げる』

女子生徒の声。放送部の誰かなのだろう。とてもきれいなアナウンスだった。 アナウンスが終わり ...

Thumbnail of post image 097

『カラスは春告げる』

気づいたら前田によって、僕は演劇部部長に差し出されていた。その木村部長と、顔がぐっと近づく ...

Thumbnail of post image 164

『カラスは春告げる』

「うわあっ」 屋上の扉を開けた時に感じたような強烈な光に、再び視界を奪われてしまった。両腕 ...

Thumbnail of post image 133

『カラスは春告げる』

「下校の時間になりました。まだ校内に残っている生徒は、消灯、戸締りの確認をしてから帰りまし ...

Thumbnail of post image 098

『カラスは春告げる』

僕はしつこい前田にうんざりしながら答える。 「だから、いやだってば。そういうなんか目立つよ ...